2006年8月の   レッツトライ!星の子 
 2006.8.5    参加者:37名



古代体験をしよう

火おこし・草木染め体験と古代米炊飯・炭火焼



2006年8月のレッツトライ!星の子は、古代体験がテーマでした。

小学生の仲間は
『まいぎり式火おこし』を、幼児は 『草木染め』 を体験しました。
普段はなかなかチャレンジできない体験に、参加者のみんなは興奮気味!

体験の後は、松山で発掘された古代の土器に触れ、古代に思いを馳せる。

自分達が作り出した火の種から作った古代米のご飯や
じゃがいもの炭火焼などをいただいて、今日も星の子は楽しかったぁ!


 
できたぞ! 火の種


 一生懸命 ”まいぎり” を動かして作り出した火の種。
 そ〜っと息を吹きかけ、大事に育てます。

 
少し大きくなった火の種をスタッフに渡して、ご飯を炊いたよ。
草木染め


 身近にある草を集めて体験した草木染め
 なかなか味のある作品が出来上がったヨ!
火おこしと草木染めの後は、歴史のお勉強


 むかしの人たちの知恵と工夫を体験した後は、ちょっとお勉強。
 考古館からきてくれた古代体験の達人から、古代人の生活ぶりを聞いたよ。
 星の岡のすぐそばにある東山でも古代遺跡があったんだって!
 古代人が作った土器を触らせてもらった。
 古代人が使っていた水筒って意外に軽いんだよ。
古代米を食べたよ!


 僕達がつくった火の種をスタッフのお兄さん達に渡したんだ。
 スタッフのお兄さん達は、火の種から大きな火をおこして、古代米でご飯を炊いてくれた。

 赤米、黒米、五穀米を食べたよ。
 古代米って結構モチモチしてるんだ。


活動報告へ    トップページへ