2007年6月の   ふるさとレッツスタディー 星の子 
 2007.6.9    参加者:子ども48名,保護者3名,講師3名,スタッフ25名



古代体験  勾玉づくり! 古代クイズ


古代人になったつもりで勾玉を作っちゃおう!





 
工作タイム!


 先生は松山市考古館からやってきた。
 服装からして古代人っぽいよね。
 

 中学年以上の子たちは、蝋石を削っての勾玉づくりに挑戦だ!





石を削るって、なかなか大変だ

 蝋石に下絵を描いて紙やすりで削る。
 これが結構大変だ。




へこんだ部分も工夫して

 一心不乱に意志を削る。
 でも、同じように削るだけではいけない。
 みんあいろんな工夫をして削っているんだ。


木の粘土”モクネンくん”で
 古代アクセサリーをつくろう!


 小学生低学年は、鉛筆製造過程で発生する木の削りカスを原料にした粘土”モクネンくん”で古代アクセサリーを作った。
 ”モクネンくん”はちょっとにおいがキツイけど、乾燥すれば固まって、木と同じように加工できる。
仕上げは古代クイズ!

 石井東小学校の下には古代の住居跡が?
 古墳公園には30もの古墳がある?
 弥生時代に松山から干した鯛を献上した?

 星岡山の近くは、古代かけらがいっぱい散らばっているぞ!


 
今日も星の子は、いろんな体験をしたぞー!


活動報告へ    トップページへ