大 会 規 定 名古屋少年軟式野球友好会

   本規定は、大会を円滑に運営するため、大会関係者ならびに出場選手が相互確認し、遵守する事項として定める。
 
1. 試合はトーナメント方式とし、1試合7イニングとする。但し3回10点差 ・5回7点差が生じた場合はコールドゲームと 
  する。
2. 延長を含めて試合は、1時間30分とし1時間20分を過ぎて新しいイニイングに入らない。
  同点の場合は、一死満塁の状態より4番打者からの攻撃により1イニングを行い得点の多いチームを勝とする。
  尚、同点の場合は抽選にて勝敗を決する。
3. 決勝戦においては、コールドゲームを適用せず、時間 ・得点差にかかわらず7イニングまで行い、延長は9回までと
  する。
  尚、同点の場合は2、と同様とするが、再度同点の場合は、継続打順でこれを行う。
4. 降雨による試合の成立 ・不成立は4回の表裏が終了した時点で成立とする。
  但し、4回表の攻撃を終えた時点で後攻側がリードしている場合は成立とし、その他の場合は再試合とする。
  また、試合の再開 ・中止の決定は、当該試合の審判団が行うものとする。
5. 審判の判定には、無条件に従うことを原則とする。但し、監督のみが質問することができる。
6. 大会使用球はマルエスC号とし、大会における各チームの運営面の担当を以下に定める。
  @大会使用球は、各チーム2個提出こと。
  A各チームの若番は、ベース一式を、後番はライン引き一式を持参して、その設営運営に協力する。
7. 投球練習は、1回目7球、2回目以降は3球、投手交代時は5球を原則とする。
8. タイムは、1分間を限度とする。但し、審判が認めた場合はその限りではない。